シビックフェリオ EK3 エンジン不調 プラグコード交換


グーピット新規のお客様で、エンジン不調修理のご依頼を頂きました。
問診・診断の結果、プラグコードがリーク(漏電)しているのが原因と判明しました。

※プラグコードとは
点火プラグ(ライターで言う火花が飛んでいるところ)に高電圧の点火電流を供給するための電線。

このプラグコードを交換していきます。

↓取り外したプラグコードです。所々に錆びのようなスパーク跡がありますね。
本来であれば先端からのみ電流が流れなければダメなのですが、先端までの道のりで漏電
しています。

お客様は最初はディーラーに修理依頼をかけて頂いた様だったのですが、純正部品が生産終了で修理不可との事だったようです。

今回は社外新品で交換をしていきます!
社外とは言っても、各メーカーに純正部品として部品を供給している信頼あるメーカー
(NGK製)の部品を使用していきます。

無事交換が完了しました。エンジン調子良好です!
H様、車検までご入庫いただき誠にありがとうございました。


対象車両情報

初年度登録年月平成7年メーカー・ブランドホンダ
車種シビックフェリオ型式E-EK3